1.気味とは…


東洋医学の生薬学のことを本草学といいます。まず本草学ではその生薬がいかなる寒熱の度合いをもつ薬剤であるかにより、五性(温、微温、平、微寒、寒)に分けます。

これを薬性といいます。また、生薬を口に含むと苦く感じたり、辛く感じたり、酸っぱかったりという具合にその生薬独特の味を有していますが、生薬はこの味によって五味(酸、苦、甘、辛、鹹)に分類され、これをその生薬の薬味といいます。

@ 薬性

その生薬が、身体に及ぼす作用のうち、温めるか、冷やすかの度合いを表しています。

その度合いは五性で表示されます。

二つの表示の仕方

●傷寒論・金匱要略などでは、温、微温、平、微寒、寒と分類、表示されています。

●中医学では、熱、温、平、涼、寒と分類、表示されることが多いようです。

A 薬味

五味の薬能

酸味

@酸味の薬能は、散らばったものを収める働きがあります。(収斂固渋作用)

A肝、胆、目、筋の機能を補います。

B 止汗、止血、止瀉作用のある生薬が多い。(五味子、山茱萸)

苦味

@苦味の薬能は軟らかいものを引き締め、熱状を鎮め、湿りを乾かす働きがあります。

A心、小腸の機能を補います。

B清熱、燥湿、通便作用のある生薬が多い。(黄連、黄柏、山梔子、大黄、蒼朮)

甘味

@甘味の薬能は激しいものを緩め薄める働き(緩和作用)や足らないものを養い補っていく働きがあります。

A脾、胃をはじめ消化器系の機能を補います。

B健胃、強壮、急迫症状を緩和する生薬が多い。(人参、黄耆、甘草、麦門冬、地黄)

辛味

@気や血の滞りを散らし、発散させる働きがあります。

A肺、大腸、鼻、皮膚の機能を補います。

C 風邪や気滞、瘀血に応用します。(生姜、薄荷、陳皮、香附子、桂皮、紫蘇葉)

鹹味(かんみ)

@乾きを潤し、硬いものを軟らかくし、水分の調節をする働きがあります。

A腎、膀胱、耳、骨髄の機能を補います。(牡蛎、真珠)

以上の様に生薬は五味のうちいずれかに分類されますが、薬味と薬能が一致しない場合もしばしばあります。薬味は必ずしも味覚的な味のみを反映するものではなく、逆に薬能から薬味が決められる場合もあります。また生薬の中には、ほとんど無味なものもありこれらはその薬能によって薬味が決められています。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright