35.麻黄細辛附子湯

[構成] 麻黄【苦温】4、細辛【辛温】、3附子【辛温】1

麻黄は表の熱と水を発散させ、附子は表・裏を温め、細辛と同様に血行をよくし、寒さを去り、身体を温めます。これら三味はいずれも皆、熱ないし温剤で、寒を去り、身体を温めます。

[出典および口訣]

@「少陰病、始め之を得て、反って発熱し、脈沈の者は、麻黄細辛附子湯之を主る。」                     『傷寒論』少陰病篇

A「少陰病の始めは、陽病の如く現然として来ず、其の人の陽気力なくして、外表の順環のぬるき故なり。故に、いつごろより表気の下陥を催したるや、病苦を覚えざる以前は、其の数日知り難し、ただ其の病苦を覚ゆるに至って、医者の診察にて、漸く少陰病なることを決定して、其の時日を始めとする故に、始得之と云えり。これ始めて病苦を知りたる時日なり。(略)さて反発熱とあるは、陰症なれば熱のなきが常例なるに、この証はそれに反して熱ある故に、反の字を入たり。凡そ発熱は、表気鬱滞して熱を生ずるが陽証の発熱なれども、この証は陽気乏しく、内に退き潜るにつれて、先ず表の方めぐりを失い、虚気表に滞りて、水も共に行らざるより、虚熱をあらわす者なり。故に脈は内に沈んで、沈となるなり。これ内に実したる沈にあらず、凡例の微細の意を以って観るべし。この症陽気、表外に満ちる力なくして、内に沈み退くより、表の方に水血めぐらずして、虚熱を生じたる者にて、実証の発熱にあらず、故に

反の字を加え、脈の沈なるにして、其の熱の陽証に非ることを知らしめたり。」

                          『古訓医伝』 宇津木昆台

B「此の方少陰の表熱を解するなり、一老人咳嗽吐痰、背せきせき悪寒し、後微汗を発して止まず、一医、陽虚の悪寒として医王湯を与えて効なし。この方(麻黄細辛附子湯)を服す。僅か五貼にして愈ゆ。凡て寒蛇の初発を仕損じて労状をなす者はこの方及び、麻黄附子甘草湯にて治ることあり。この方はもと表熱を兼ねる者故、後世の感冒陰を挟むの証とおなじ。また陰分の頭痛に防風、川芎を加えて効あり。また陰分の水気、桂枝去芍薬湯を合わせて用ゆ。」

                       『勿誤薬室方函口訣』 浅田宗伯

C「少陰の病たる、もと是れ裏にあるものなり。然れども二三日の始めにありて、なお浅くして未だ深からず、故に未だその裏証を見さず、だだ発熱を表に見す。発熱を表に見すといえども、而も脈沈の少陰にあるを見るときは、則ちその汗を発するべからざるに似るものなり。大いに発するにあらずして、微しく発するにあり。(中略)

是に於いてか、麻黄を用いるといえども、之に伍するに桂枝を以ってせずして、伍するに附子を以ってし、兼ねて裏に備え、以って微しくその汗を発するは、寒の裏に深きを懼れるなり。」                  『傷寒論弁正』 中西深斎

[証および適応症]

証:身体が虚弱で、悪寒ばかりで熱感がなく、微熱、倦怠、無気力、脈が沈細で力がない、などの症状があり、蒼白な顔色で寒そうにして元気が出ないでとにかく横になっていたいと訴えるものや手足が冷え、咳、稀薄な客痰、咽痛、頭部や背部、胸部に冷痛などを訴えるものに用います。

適応症:

@虚弱者や老人の感冒、流感で脈が沈んでいて細く力がなく、熱感がすくなく、悪寒、全身倦怠感、無気力、嗜臥、頭痛、咳などを訴える場合。

A虚弱者の慢性呼吸器疾患で、背部が冷え、うすい水様性の痰が出て、脈が沈んで細いものの肺炎、気管支喘息。

B上顎洞炎、蓄膿症などで脈が沈んで鼻が詰まる場合。

C三叉神経痛、歯痛などで脈が沈んで冷えると痛みが増強する場合。

[加減方及び留意点]

@胃腸の弱い人は、方剤中の麻黄が胃に障ることがあります。

A本方は脈が浮いて緊のもの、病状の発揚性の者には用いません。

B服用後、舌の先が痺れる、顔が熱くほてってくる、動悸がして息苦しくなるなどの症状が現れたときは、附子の中毒症状なので服用を中止し、水分を多くとって、五苓散を服用します。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright