33.安中散料

[構成] 桂皮【辛温】4、延胡索【辛温】3、牡蛎【鹹平】3、茴香【辛平】1.5、縮砂【辛温】1、甘草【甘平】1、良姜【辛熱】0.5

安中散は、桂皮・牡蛎・縮砂・延胡索・茴香・甘草・良姜の7味で、主に芳香性の辛温薬で構成されています。桂皮、茴香、縮砂、良姜の芳香性生薬は、防腐剤として働き腸内の異常発酵を抑える働きがあります。延胡索はアルカロイドを含み鎮痛鎮痙作用と胃酸分泌抑制作用を合わせ持っています。牡蛎には精

神安定作用があります。

[出典および口訣]

「遠年、日近、脾疼飜胃、口に酸水を吐し、寒邪の気、内に留滞し、停積消えず、胸膈脹満して、腹脇を攻刺し、悪心、嘔逆し、面黄ばみ、肌痩せ、四肢倦怠するを治す。婦人血気刺痛、少腹より腰に連なり、牽引して痛むものを治す。」

                            『和剤局方・一切気門』

「この方世上には癖嚢(胃拡張)の主薬とすれども、吐水甚だしきものには効なし。痛み甚だしきものを主とする。反胃(胃癌の類)に用いるにも腹痛を目的とすべし。婦人血気刺痛(瘀血が原因で起こる刺すような痛み)には癖嚢より反って効あり。」 

                          『勿誤方函口訣』浅田宗伯

[証および適応症]

証:心下部、腹部はそれほど緊張せず、一般に冷え性、貧血症、体力はなく、やや衰弱の傾向があり、腹壁は薄く臍傍に動悸を触れる。食後または空腹時に心下部に軽度のさしこみ痛、鈍痛を訴え、時に酸水や不消化物を吐くことがある。痩せ型で顔色が悪く神経質な人の胃腸障害に用い、下腹部から腰に牽引痛を発するものにもよく奏効します。

適応症:

@いわゆる神経性胃痛、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多症、胃下垂、慢性胃炎、月経痛に用います。

A「中」とは胸膈の下部から上腹部に相当する部分で、臓器でいえば、胃・十二指腸・肝臓・膵臓・胆のうに相当します。心窩部の疼痛、呑酸(胃酸過多)、食欲不振、胸やけ、吐き気などの胃腸障害があり、下腹部から腰背に及ぶ牽引性の疼痛があれば胃炎、膵炎、胆のう炎、生理痛にも用います。平素から甘いものを好んで食べる人に良く効く場合が多い。

[加減方および留意点]

○心下痞硬して腹筋が緊張し胸脇苦満するものは柴胡桂枝湯加茴香牡蛎の証ですが、これがさらに虚して寒の症状が強く痛みがあるときには、さらに延胡索を加えるか、柴胡桂枝湯合安中散にします。

○胃内停水や動悸が強いときには茯苓を加えます。

○温中散寒がこの薬方の目的ですので、炎症性のものには不適です。服用して却って胃痛が増すようであれば半夏瀉心湯か柴胡桂枝湯を用います。胃・十二指腸潰瘍にはよく柴胡桂枝湯と安中散を合方してもちいます。

○市販されている漢方胃腸薬は殆どが安中散かその加味方でその製造方法には@各生薬の粉末を混合したものAエキス剤と粉末を混合したものBエキス剤だけのものがあり@かAの製品が良く効きます。

○本来は散剤として用いられていました。温中散寒の効果を上げるために熱いお湯に溶かして服用するとより効果的です。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright