23.当帰四逆加呉茱萸生姜湯

[構成]

[構成]当帰【甘温】、桂枝【辛温】、芍薬【苦平】、木通【苦微温】各3、細辛【辛温】、甘草【甘平】各2、大棗【甘平】5、呉茱萸【辛温】2、生姜【辛温】1

当帰四逆湯は当帰建中湯の生姜の代わりに木通と細辛を加え、大棗を増量した処方です。当帰は血行をよくし、補血の働きがあり、桂枝は気をめぐらし、細辛は寒冷を温め、血のめぐりを良くし、寒冷により生じる痛みを去ります。木通はアケビの茎で気血の停滞をめぐらし、消炎、利尿作用があります。呉茱萸は中(胃腸)を温め、気を下し、痛みを止め、呑酸、頭痛を止め、生姜と協力して裏の冷えを温めます。


[出典および口訣]

@「手足厥寒、脈細にして絶せんと欲する者は、当帰四逆湯これを主る。もしその人内に久寒ある者は、当帰四逆加呉茱萸生姜湯に宜し。」    『傷寒論』

A当帰四逆湯:「疝家、発熱悪寒、腰脚拘急して手足寒え小便不利する者を治す。

婦人血気痛、腰腹拘急する者を治す。経水不調、腹中攣急、四肢酸痛し、或いは一身習習として虫の行くが如く、日に頭痛する者を治す。」

当帰四逆加呉茱萸生姜湯:「当帰四逆湯証にして胸満嘔吐、腹痛劇なるものを治す。産婦、悪露停滞して止まず、身熱頭痛、腹中冷痛、嘔して微利し、腰脚酸麻し或いは微腫するものを治す。」          『類聚方広義』尾台榕堂

B「この方は厥陰表寒の厥冷を治する薬なれども、元は桂枝湯の変方なれば桂枝湯の証にして血分の閉塞するものに用いて効あり。故に先哲は厥陰病のみならず、寒熱勝復したる手足冷に用ゆべしと云う。また加呉茱萸生姜湯は後世の疝積の套剤となすべし。」             『勿誤薬室方函口訣』 浅田宗伯


[証および適応症]

証:体質体格が弱く、普段から手足が冷たく、自覚的に冷えを感じ、冷えると諸症状(疝痛様の腹痛、下痢、腹満、しもやけ、)が悪化するものに用います。腹部は全体にガスが多く、腹直筋が棒状につっぱっていることが多い。手足の厥寒を訴え、脈は沈細で触れにくく平素から腹内に「寒冷の水毒」がこもっていることを目標とします。

適応症:手足の冷えや凍傷・しもやけに最も用いられます。また坐骨神経痛などの神経痛で附子剤の無効なもの、冷えが原因で起こる腹痛、月経痛などにも応用されます。この方の適応する痛みは、寒冷によって増悪され下腹部から腰や鼠径部にかけて牽引される痛みで、入浴などで温めれば一時的に楽になります。


疝について

元来は腹の痛む病気のことであるが、後世になっていろいろな意味を持つようになってきました。疝の発病は肝経と密接な関係があり、一般的には「諸疝は皆肝に属す」と言われています。また一般に疝の症状は冷えると悪化します。

@体腔内容物が外に突出することの総称でヘルニアの類をいいます。

A生殖器、睾丸、陰嚢部の病症をさす場合があります。睾丸や陰嚢の腫大疼痛など。

B腹部が激痛し、これに二便の不通をともなうもの。イレウス様の症状

「病少腹にあり、腹痛して大小便を得ず、病名を疝という。」    『素問』厥冷と厥寒について

厥とは尽きるの意味があり、気が上逆して陰陽の失調を起こした状態を言います。軽ければ四肢寒冷し、重ければ人事不省となります。厥冷も厥寒も四肢の末端から冷えることをいいますが、厥寒は寒が表位だけに存在するため四肢の冷たさを自覚的に訴えるが、触れてみてもさほど冷たくないので、附子や乾姜は必要なく当帰四逆湯を用います。厥冷は表の寒が裏に及ぶか、或いは逆に裏寒が表に及んで自他ともに手足の冷えを感じる時は、附子や乾姜の入った四逆湯類をもちいます。しかし最初は表面の冷えでも、長期にわたると体の深い部分に慢性化した寒を持ってきます。このときは呉茱萸生姜を加えて当帰四逆加呉茱萸生姜湯にします。


寒厥と熱厥について

厥証は四肢が寒冷する症状をいい、その原因によって寒厥・熱厥・蚘厥に分けられます。寒厥は前述したように表裏の寒邪による四肢の寒冷をいいます。

熱厥は邪熱が体内で過盛になり、陽が裏に鬱して外達できないことにより起こる厥証です。手足の冷えと同時に、身熱頭痛、口渇、煩燥、脈は沈滑、不眠、腹部痛などの熱症状が存在します。軽症の時は四逆散、症状が強くなると白虎湯、大承気湯、黄連解毒湯、三黄散などで内熱をとって表裏の流通を改善してやります。




ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright