17.麻杏甘石湯(五虎湯)

[構成] 麻黄【辛温】4、杏仁【甘温】4、甘草【甘平】2、石膏【辛寒】10、桑白皮【甘寒】3

麻黄湯より桂枝を去り石膏を加えた構成で、桂枝の表への作用に対して、石膏は裏(体内部)へ作用する力が強く、裏水を除き、清熱・鎮静作用をもち、興奮を鎮め、口渇を止めます。麻黄は本来発汗作用がありますが、石膏と組むと止汗作用に働き、杏仁と組んで胸膈部の熱と痰を除く働きをします。


[出典および口訣]

@「発汗後、更に桂枝湯をあたえるべからず、汗出でて喘し、大熱(体表部の熱)なきものは、麻黄杏仁甘草石膏湯を与ふべし。」『傷寒論・太陽病中篇』

A「喘咳止まず、面目浮腫、咽乾口渇し或は胸痛するものを治す」 『類聚方広義』


[証および適応証]

証:体表部の熱と水はとれたが、胸部の裏に熱と水が迫り、喘鳴、咳嗽になったもので、口渇、発汗(激しい咳とともに発汗する)、顔面の浮腫、呼吸困難を訴え尿が濃く量の減少する者に用います。

適応症:@気管支喘息、気管支炎、喘息様の気管枝炎

A小児喘息、百日咳

B夜尿症、痔核(鬱血、疼痛、熱感があり咳をすると痛むもの) 


[加減方および留意点] 

@気管支喘息で気鬱の証が見られる時、精神的なストレスで症状が悪化する時には半夏厚朴湯や小柴胡湯を合方すると、いっそう効果があがる事があります

A桑白皮3gを加えた五虎湯が、咳、喘咳、息切れに良いことがあります。

Bこの処方は胃腸の丈夫な人に用います。胃を冷す力が強いので、服用して食欲減退する人は服用を中止します。また虚弱な人や高齢者へは慎重に投与します。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright