14.黄連解毒湯

[構成]

 黄連【苦寒】1.5、黄柏【苦寒】1.5、黄ごん【苦寒】3、山梔子【苦寒】2.

三黄瀉心湯より大黄を去り、黄柏、山梔子を加えた処方と考えられます。黄連は心と中焦の火を瀉し、黄ごんは肺と上焦の火を瀉し、黄柏は腎と下焦の火を瀉し、山梔子は五臓の遊火を瀉すとされ、いずれも気味は苦寒で清熱、鎮静、止血作用にすぐれています。


[出典および口訣]

@「熱極、心下煩悶、言は狂い鬼を見、起走せんと欲し、煩嘔、眠るを得ざるを治す。」                          『肘後方』葛洪

A「此の方は胸中熱邪を清解する聖薬なり。其の目的は梔子鼓湯の証にして、熱勢激しき者に用いる。苦味に堪えかねる者は泡剤にして与えるべし。大熱有りて下痢洞泄する者、或いは痧病(コレラ)等の熱毒深く、洞下する者を治す。又喜笑止まざる者を治す。これ心中懊脳(胸膈・心下にある灼熱)のなす所なり。亦酒毒を解するに妙なり。」               『勿誤薬室方函口訣』浅田宗伯


[証および適応症]

証:体格、体質ともに充実している人、もしくは中ぐらいの人が、炎症と充血のために顔色赤く上衝し、のぼせ、不安焦燥感、心悸亢進、出血の傾向を示す場合に用います。この方を不眠症に用いる場合は「頭が冴えてなかなか眠れない」「気分が落ちつかずつまらないことが気にかかる」「いらいらする」「のぼせる」というようなことを目標にします。

適応証:

@諸出血に本方の適応する出血は、比較的量が多く、出血の割に著しい貧血を認めないものに適応します。

A高血圧・脳充血・脳溢血の傾向に:後頭部から首筋にかけてこりやすく、目が充血するものに適応します。

B皮膚疾患に本方の消炎、解毒、止痒作用は患部が発赤して熱をもち、入浴などで温めると増悪する場合によく奏効します。小柴胡湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓湯、四物湯に合方して患部や、全身に掻痒感を訴えるものに投与されます。

C二日酔いに五苓散とともに二日酔いの不快症状を消失させます。特に頭痛を訴えるものには五苓散と合方して用います(冷服)。飲酒の前に一服飲んでおくと解毒効果が高まり悪酔いしません。

D打撲傷に:打撲症およびその後遺症には、本方と等量の小麦粉を混和し、卵白か水で練り、患部に貼用するとチアノーゼが再現して後に治癒します。

E便が硬く、宿便があるときには三黄瀉心湯を用います。



[加減方および留意点]

@貧血性の諸出血には本方を用いず、芎帰膠艾湯を使います。

A止血に用いるときは冷服します。

B温清飲 黄連解毒湯に四物湯(当帰・地黄各4、川芎、芍薬各3)を合方します。温清飲は、もともと女性の不正出血が長く続く場合に用いられた処方ですが、現在では皮膚疾患をはじめ各種の慢性疾患に用いられています。温清飲はその名の通り、血液を増やして循環させ身体を温めて潤す働きのある、温性の四物湯と、寒性で清熱作用のある黄連解毒湯を合わせた処方になっています。病気が慢性化してくると、寒熱が夾雑した症状を表すようになることが多く、特に皮膚疾患などでは、炎症のある患部には熱があるのに、他の部位は冷えているとか、体の表面には熱があるのに、体の裏の部分(消化管や内性器など)は冷えているといった現象がしばしば見られます。このような時に温清飲を用います。

 温清飲の証および適応症 一般的に皮膚の色は褐色ないしは黄褐色で渋紙のように古燥し、乾燥傾向が強く、艶のないもので全身的に出血傾向があり、イライラしたり、興奮しやすく不眠などがある場合に用いられます。上半身、特に顔はのぼせて手足は冷える傾向にあることが多いようです。皮膚疾患に用いる場合は多くの場合、患部は乾燥して分泌物がなく、赤味を帯びて灼熱感があり、痒みが強く、ひっかくとガザガザして落屑があり、ひっかいた後は出血したり、内出血の跡が残るという者に用いるとよく奏効します。またこの処方は食欲の無い者、下痢しやすい者、胃腸の虚弱な者には向きません。




ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright