8.小柴胡湯

[構成]

柴胡【苦平】7、半夏【辛平】5、黄ごん【苦寒】3、人参【甘微寒】3

大棗【甘平】3、甘草【甘平】2、生姜【辛温】4(乾生姜1)

主薬の柴胡は肝の府である胆に入り、肝の陽気を補います。黄ごんは血管収縮作用によって充血による煩熱症状を緩和します。半夏は肺に入り気の上逆による咳や嘔吐を鎮め、中焦(特に胃中)や上焦(特に胸中)の痰飲を除きます。人参・大棗・甘草・生姜はいずれも脾にはいり、その「運化機能」を補うとともに余分な水分を除きます。


[出典および口訣]

@「傷寒にかかり5〜6日たった者は悪寒と熱感が交互にきたり、胸膈が苦しく食欲がなくなり、むかむかして吐きたがるようになる。また胸中がむかむかし、腹が痛んだり、脇がつかえて触ると硬くなっていたり、動悸がしたり、咳がでたり身体に微熱がある、このような時は小柴胡湯を使用すべきです。(意訳)」       

『傷寒論・太陽病中篇』

A「凡そ胸脇に病生ずるは、自発外邪共に少陽の目当なり、太陽は頭項、陽明は腸胃、各その目当にして、病位の浅深、治術の汗下和を弁別する所以なり。其の内にも少陽の自発は、脇下の処を以って主とし、外邪を帯びて少陽に変を生ずるものは、胸中を兼ねたり。広く少陽を病ましむるに至りては、口咽の苦乾までにも及ぶなり。口といい、咽といい、胸といい、脇という、皆少陽の部なり…」

『傷寒論・太陽病中篇』

B「未婚の若い女性が寒熱往来、頭痛、胸脇牽引し、口中苦く、月経不順の者は、一見瘧や傷寒に類以しているけれども、これは「熱が血室に入った」ためで別の症状である。この時は症小柴胡湯を加減して用いる。 『医方口訣集』長沢道寿


[証および適応症]

体力は中程度の人が傷寒病などにかかり、胸や脇腹が重苦しく、微熱があり、悪寒と熱感が交互にあったり、朝は平熱であるが午後になると微熱がでてきてまた朝になると熱が下がっていたり(往来寒熱)、食欲がなく、口が苦く、舌には白苔があり、悪心、嘔吐、咳嗽、めまい、眼痛、などのある者に用います。小柴胡湯は少陽病期の代表処方ですが、傷感病や中風病などの急性熱性疾患の他(無熱性の慢性病:雑病)にも経験的にいろいろと応用されています。この場合は胸脇苦満と食欲不振、倦怠感、肩こり(右が多い)などを目標にします。


@ 胸のわきから背中にかけて張った感じがして痛みがあったり、急に刺しこんだりして、時に吐き気などのおこる者。胆のう炎や胆石症に応用されます。

A 感冒などで熱は去ったがサッパリせず、食欲がなく、午後になると多少の寒気と発熱があり、胸中が詰まったようで、わき腹から背中にチクチク痛むもの。風邪をひいた後の肋間神経痛などによく応用されます。

B 耳の中が痛み、耳下が腫れて気分がすぐれないもの、特に子供の中耳炎や、耳下腺炎によく応用されます。

C 黄疸で腹痛し、吐き気があるもの。

D 肺結核や肋膜炎で微熱の続くもの。

E 喘息の持病のある者の体質改善に半夏厚朴湯を合わせて用います(柴朴湯)。

F 小児のアデノイドや扁桃炎に続服すると発症しなくなる。

G 慢性の腎炎やネフローゼでタンパク尿や血尿がある者に五苓散と合わせて用います(柴苓湯)。

その他にも諸種の病気に応用されますが、●口が苦く、咽が乾く●食欲不振がある●胸中から脇(肋骨弓にそって)・背中へと重苦しいと訴えられる場合は小柴胡湯を検討してみます。


[加減方および留意点]

@ 柴胡桂枝湯小柴胡湯と桂枝湯の合方です。(後述)

A 柴胡四物湯小柴胡湯と四物湯の合方で、「小柴胡湯の証にして血虚を帯びるものによい」とあります。産褥熱、発熱性疾患が慢性化して血虚の症状を呈するようになったときに用います。

B 柴苓湯小柴胡湯と五苓散の合方です。口訣に「この方は小柴胡湯の証にして煩渇下痢するものを治す。暑疫には別して効あり。」とあります。急性胃腸カタルで、発熱、煩渇、尿不利、下痢、する者に用いて効果があり、このような症状は夏期に多く現われます。また感冒から胃腸カタルを起こした場合にもよく用いられます。腎盂炎・腎炎・ネフローゼ症候群で炎症があり、煩渇、小便不利、微熱、タンパク尿のある時に用いてしばしば効果があります。

C 柴胡解毒湯小柴胡湯と黄連解毒湯の合方です。「胸中に蘊熱ありて、咽喉に瘡腫糜爛を生じ、或は目赤頭瘡、諸瘡内攻壮熱煩悶する者を治す。古人の言通り諸瘡瘍は肝胆経をねらって柴胡を用いるが定石であるが、その内熱毒甚だしき者は黄連解毒湯を合すべし。黄連よく湿毒を解すればなり。

D 柴陥湯小柴胡湯と小陥胸湯の合方です。小柴胡湯に黄連1.5、括呂仁3を加えた処方で、小柴胡湯の証で咳嗽、喀痰を伴い、咳嗽時に胸部にひびいて疼痛を訴え、痰の切れが悪く、喀出時に咽喉が痛むように感ずる場合には良く奏効します。湿熱が胸部に詰まった「結胸」の病に用います。

E 柴蘇飲:小柴胡湯と香蘇散の合方です。香蘇散は風邪に対する軽い発散剤として用いられます。この方は感冒後、大勢は解したが、いま一つサッパリせず微熱、耳の塞がった感じ、物音が遠くに聞こえる、軽い耳鳴のする場合に用います。

F 柴胡三白湯:小柴胡湯に白朮、茯苓、芍薬を加えた者で、小柴胡湯の証にして熱勢のさらに甚だしき者の、下痢、嘔渇、腹痛に用います。

G 本方中の人参は急性熱性病の場合は竹節人参、慢性病や体質改善に使う時は御種人参または紅参を使います。

H 小柴胡湯の証の人の中には、胸脇苦満の中に心下痞硬がかくれて存在する人が中におります。小柴胡湯を服用して胸脇苦満が取れてきたため、返ってこの心下痞があらわれ、かえってみぞおちがつかえると訴えられる場合には、半夏瀉心湯にするか黄連1.5gを加えて瀉心湯の方意を加えます。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright