1.葛根湯

[構成] 葛根【甘平】8、麻黄【苦温】・生姜【辛温】・大棗【甘平】各4

桂枝【辛温】・芍薬【苦平】各3、甘草【甘平】2 

葛根湯は桂枝湯から桂枝、芍薬を減量し葛根と麻黄を加えたものである。葛根はマメ科のクズの周皮を除いた根で軽度の発汗作用・解熱作用・煩を除き、口渇を止め、下痢を止める作用があります。『古方薬議』(浅田宗白)には「よく肌熱を解して、腠理を開き、津液を生じ、筋脈をのぶ」とあります。


[出典および口訣]

@「太陽病、項背強ばること几几、汗なく悪風するは、葛根湯これを主る。」

                       『傷寒論・太陽病・上篇』

A「太陽と陽明の合病は、必ず自下痢す。葛根湯これを主る。」

                       『傷寒論・太陽病・中篇』

B「太陽病、汗なくして小便返って少なく、気上って胸を衝き、口禁し、語ることを得ず、剛痙をなさんと欲するは葛根湯これを主る。」『金匱要略・痙湿暍病篇』

C「此方、外感の項背強急に用いることは五尺の童子も知ることなれども、古方の妙用種々ありて思議すべからず、たとえば、積年肩背に凝結あり、その痛み時々心下にさしこむ者、この方にて一汗すれば、忘るるが如し。」 『勿誤方函口訣』

D「痢の発熱は、少しく腹痛の強き者は桂枝加大黄湯(=桂枝加芍薬大黄湯)を用いるべし。もし熱強ければ腹痛するとも、葛根湯を用いて可なり。又、葛根湯の一層熱強くして、自ずから汗出で悪風なく、腹微痛、脈甚だすすむものは、これ、葛根黄連黄黄芩湯のゆく所なり。」                有持桂里


[証および適応症]

葛根湯の適応症(葛根湯証)は表の実熱で項背部がこわばり汗なく悪風するもの、あるいは体表部に現局性の炎症・充血があるものです。

君薬である葛根は血滞による項背筋の筋攣縮を緩解し、麻黄は桂枝と組んで表を発し、芍薬は葛根とともに血をめぐらせ筋肉の攣縮を和らげます。平素から胃腸が丈夫で体力の充実している人の次のような症状に用います。

○発熱、悪風、悪寒があり項背部(僧帽筋領域)の筋肉が緊張、脈も浮数で力があるときの、風邪の初期(発熱後1〜2日)、気管支炎、急性扁桃炎に用います。

○熱がなくても項背部に炎症や充血の病邪があって、筋緊張があるときの、肩こり、五十肩、寝ちがえ、むち打ち、蓄膿症、中耳炎、三叉神経痛、慢性頭痛などに用います。

○裏急後重をともなう急性大腸炎で発熱、悪寒、頭痛、下痢のあるものに用います。

○その他、関節炎の初期、産後の乳汁分泌不足、小児の鼻下・口囲の糜爛小児の夜尿症、結膜炎や麦粒腫、歯痛の初期などに用います。


[加減方および留意点]

@葛根湯加苓朮附湯五十肩などで痛みの強いときには茯苓4・白朮(蒼朮)4・附子1を加えます。               

A葛根湯加桔梗石膏急性・慢性の扁桃炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性皮膚疾患で身体上部の炎症には桔梗3・石膏5を加えます。

B葛根湯加川芎辛夷鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に川芎3・辛夷3を加えます。

C葛根湯加芎黄便秘がありのぼせのある人の、頭部の炎症、結膜炎、蓄膿症、湿疹、中耳炎、頭痛に川芎3・大黄0.5〜1を加えます。

D葛根加半夏湯葛根湯の証で吐き気を伴うものや、葛根湯を服用すると吐き気を催す人には半夏4を加えます。

E発汗を促すときには、葛根湯を温服した後で、すぐに熱いうどんなどを食べるとよい。



ホームページへ   前のページ   目次に戻る   次のページ

Copyright