ひざ痛み を解消する養生のポイント!

ポイント1
「むくみ」は最大の悪化要因!
 むくむと血液の流れが悪くなり、痛みが増強されます。
「むくみ」の原因は、水分排泄を抑える食べ物、水分の過剰摂取、湿度の高い外的環境、腎臓の働きの低下が主なものです。
 水分排泄を抑える食べ物で一番悪いのは、「餅米加工食品」です。 お餅、おかき、あられ、煎餅、おはぎ、柿の種、和菓子、赤飯など。
 作用機序は不明ですが、「餅米加工食品」を食べると尿の出が抑えられて水分が溜まり易く、例えば、 柿の種を20粒で5日間痛みの続く人もあります。
 ご飯で食べるウルチ米には、問題はありません。「餅米」のみが悪化原因です。
 「餅米加工食品」は、ごく少量でも悪影響を与えますので、最低でも10日間、出来れば20日 から1ヶ月間の「餅米断ち」により、7割の方は、痛みが大幅に軽減いたします。
 血液がサラサラになるからと水分をたくさん摂るようにとすすめる医師が増えていますが、 ひざ関節の痛みには逆効果です。腎臓での尿生成力が弱っている方にとって、水分の摂りすぎると 結果的に体内に水分が溜まって浮腫みの原因となります。
 果物〔例えばミカンなど〕をたくさん食べるこtも水分の摂りすぎになるので、ご注意ください。
 湿度の高い外的環境が悪いことは、天気と痛みの関係で日常経験されておられることでしょう。 人間の身体も煎餅と同じように湿度の高い環境の中では湿り易いのです。
 コンクリート造りの建物、特に新築のマンションなどでは、室内の湿度が高くなりやすいので、 除湿器を入れて湿度を下げると痛みが和らぎます。加湿器を寝室などに入れるとかえって痛みが強くなります。
 湿度の高い浴室での長湯も症状悪化の原因になることがあるので注意しましょう。
 腎臓の働きの改善について、西洋医学ではほとんど手段のない分野ですが、漢方や民間薬の中には 効果のあるものが多いのでこの分野に詳しい、薬剤師にご相談ください。瓜科の食べ物には利尿作用 があるので、よく食べるようにされると良いでしょう。

*むくむとなぜ痛みが増強されるのか?…むくむと血液の流れが悪くなり、ひざ関節内の微少な 軟骨粉をとかす酵素が長時間滞留するためです。




ポイント2
「冷え」ないようにしよう
 「むくみ」と共に「冷え」も血液の流れを悪くして、痛みを増強させます。
「冷え」原因を、服装、食べ物、外的環境の3点からとらえる必要があります。 注意すべきことは、暑いところでとれる果物には身体を冷やす働きがあるので、 あまりたくさん食べ過ぎないようにすることと、できれば日の高い内(午後3時頃まで)に 食べるようにしてください。




ポイント3
「軟骨再生栄養素」を食べよう
 整形外科のドクターの間で、軟骨が再生するかしないかについて見解が分かれています。 しかし、煮魚を毎日召し上がられるようにされた方は確実に症状がどんどん良くなっておられます。 軟骨部分、ゼラチン質が軟骨の形成を促すのでしょう。煮魚や丸ごと魚を摂りにくい方は、 「健脚の友」などの軟骨再生栄養素を食べるとさらに症状の改善が進みます。




ポイント4
「筋肉」を揉みほぐす
 脚の筋肉が冷えなどのために硬くなっていると、弾力性を失った血管も細くなって広がらず、 血液の流れが悪くなります。足湯や足裏のマッサージにより血液の流れが良くなると痛みが 和らぎ、関節を動かし易くなります。「青竹踏み」でも構いません。温める、筋肉を揉みほぐす ことにより血流の流れが良くなります。




ポイント5
「脚の筋肉」を鍛えよう
 身体を支えているのは、骨と共に筋肉が大きな役割をになっています。 『脚あげ体操』でひざ関節の筋肉を鍛え強めると、血行がが良くなって軽い方の場合は、 これだけで痛みが無くなる方もあります。

『脚あげ体操』
脚あげ体操
●寝た状態で、ひざを伸ばしたまま片足を上に10度から15度(10p〜15p)持ち上げる。
 5秒間ぐらいあげておいておろす。2秒間休んだ後、この動作を20回位繰り返します。
 朝晩2回お続け下さい。両足同時に上げると腰が痛くなりますので、片足づつ上げるようにして下さい。
●最初は、おもりをつけず、慣れてくると少しづつ荷重をかけるようにして下さい。



あなたにあったスペシャルアドバイスチェックリスト



メニューへ

Copyright